日语能力考试一级阅读精选问题(04)

全国等级考试网 2019-01-19 13:08:15 1
次の文章を読んで、それぞれの問いに対する答えとして、最も適当なものを1.2.3.4から一つ選びなさい。
「ダンプカーと正面衝突でした」と、刑事が言った。「ともかく、完全潰されて......。お気の毒です」

「いえ.....」悠子は、黒いスーツで、布の下の、夫の死体から目をそむけた。「仕方ありません。自分が逃げたんですから」

「ご主人が人をはねた、というのは、ご存知でしたか」と、刑事が訊く。

冷たい死体置き場の空気に、悠子の顔は少し青ざめていた。

「何かあったらしい、とは思っていました。ひどい雨の日で...。でも、何も言っていませんでしたが」

「そうですか。―――まあ、ご主人がなくなってしまったは、ご主人がはねた相手への補償の方も、面倒ですね。」

「でも、主人の責任なのですから、できるだけのことは、妻として、させていただきますわ」

……そう。少しぐらいのお金が何だろう?

あの夫と、義母(ぎぼ)から解放された代償なら、安いものだ。

悠子は、表に出ると、まぶしい日射しに目を細めた。

自由。自由なのだ!

人をはねた、そのことが、逆に自分の「武器」になる、と悠子は気付いたのだった。

久米子は、悠子が「やっぱり気が咎め(とがめ)ます。自首したいんです」と言い出すと、あわてて悠子のご機嫌を取り始めた。

それは何とも愉快な経験だった。悠子は、久米子と調子を合わせておいて、一方で、夫の会社へ電話をした。

小心な夫は、放っておけばだれも気にしない小さな凹(くぼ)みを、何とかしようとして、墓穴(ぼけつ)を掘ったのだ。悠子の予測通りだった。

刑事が訪ねてくるタイミングも、絶好だったし、よもやと思ったことが―――久米子まで、息子と運命を共にするという、夢のような結果になったのだ。

歩きながら、悠子は、つい笑み(えみ)がこぼれるのを押さえ切れなかった。

私と健一で、楽しく暮らせるんだわ。その内には、すてきな男性が現れるかもしれない...。

悠子の足取りは軽かった。

「そうだわ」

健一が一人で留守番している。電話しておこう。今から帰るわよ、と。―――二人で、おいしいお菓子でも食べよう...。

電話ボックスに入って、自宅へかけた悠子は、お話中の信号音に、眉を寄せた。

「健一ったら...」

どこかへかけているのかしら?それとも、かかってきたのだろうか?

まあ、いい。後でまたかけてみよう。

悠子はボックスを出て、歩き出した。

「もしもし...」

と、健一は言った。

「はい、警察です。もしもし?」

「あのね...僕のお母さん、車で人をはねたんだよ」

「何ですって?」

「誰かをね、車ではねたの」

「もしもし。―――君の名前は?」

健一は、学校でもよくほめられていた。自分の名前を堂々と言える、というので。

もちろん、電話でだって、ちゃんと名前をいうことができる。···健一は得意だった。

(赤川次朗『幽霊屋敷の電話番』新潮社)

問題:

「問1」 この物語の内容と合っているものはどれか。

1. 悠子の義母が人をはねたことを、悠子の夫は隠そうとして事故で死んでしまった

2. 悠子の夫が人をはねたことを、悠子の義母は隠そうとして事故でしんでしまった

3. 悠子の息子が人をはねたことを、悠子の夫は隠そうとして事故で死んでしまった

4. 悠子が人をはねたことを、悠子の夫は隠そうとして事故で死んでしまった

「問2」 この物語の結末はどうなるかを考えよ。

1. 悠子は息子健一と楽しく暮らしていく

2. 悠子は義母と息子健一と暮らしていく

3. 悠子は警察につかまる

4. 悠子の義母は警察につかまる

単語:

ダンプカー dump car 货车

調子をあわせる 奉承,帮腔

放っておく 扔下,撇开不管

足取り あしとり 步伐,踪迹

ご機嫌を取り始める 讨好,取悦,逢迎

墓穴を掘る:自分で自分をだめにしてしまうようなことをする

翻訳:

“和货车正面相撞”刑警说,“不管怎样,彻底被毁了。。。太可怜”

“不。。。”

悠子穿着黑西服,不忍正视白布之下,丈夫的尸体。“没办法啊,因为是他自己逃跑的。”

“你丈夫撞了人,这事,你知道么”刑警问道。

安放尸体的冰凉空气中,悠子的脸竟些许泛白。

“要说发生了什么事呢。那天下着倾盆大雨。。。但是,他什么都没有说”

“是这样啊—那你丈夫去世了,但他撞的人的赔偿方面,会很麻烦啊。”

“话虽如此,我丈夫要负责任,所以尽可能地,作为他的妻子,让我做些什么吧”

——是的。一点点钱又算得了什么呢?

若代价是能从那男人和继母得到解放,真是太便宜了。

悠子走出屋外,耀眼的日光,眯起双眼。

自由。我自由了!

悠子意识到,撞了人的事,却反倒成为自己的“武器”。

悠子突然对久米子说,“还是内心不安。我想去自首。”,婆婆开始讨好慌张失措的悠子。

那比任何都要愉快的经历。悠子奉承着久米子,一边往丈夫的公司打电话。

小心翼翼的丈夫,丈夫想要欲盖弥彰,正在自掘坟墓。正如悠子猜的那样。

刑警询问的时机也是极佳的,总以为不至于那样——久米子之前都想和儿子共命运,但结果却真的梦想成真了。

走着走着,悠子终于绽放笑颜无法遏制。

我和健一一起快乐生活。也许在期间还能出现好男人。。。

悠子渐渐轻快。

“会是那样的”

健一现在还一个人看家呢。打个电话吧。现在回家,然后———两个人吃着美味的点心。。。

进入电话亭,给家里打电话的悠子,听到通话中的提示音,皱起眉头。

“健一怎么。。。”

(他)打给谁呢,还是有人打给他的呢?

也罢,无所谓。过会儿再打给他吧。

悠子出了电话亭,走了出去。

“喂喂。。。”健一说。

“你好,这里是警察局。请说?”

“那个。。。我的母亲,用车撞了人。”

“你说什么?”

“有人,撞了人。”

“喂,你的名字是?”

健一在学校经常被表扬,据说是因为能大大方方地说出自己的名字。

当然在电话里,也能很好地说出名字——那毕竟是健一擅长的。

(赤川次郎《鬼屋的电话号码》新潮社)

问题

1 和这个故事符合的选项是哪个。

①悠子的继母撞了人,正想隐瞒,悠子的丈夫因事故死去

②悠子的丈夫撞了人,正想隐瞒,悠子的继母因事故死去

③悠子的儿子撞了人,正想隐瞒,悠子的丈夫因事故死去

④悠子撞了人,正想隐瞒,她丈夫因事故死去

2 想象一下这个故事的结局会是怎样。

①悠子和儿子健一共同快乐生活

②悠子和继母还有儿子共同快乐生活

③悠子被捕

④悠子的继母被捕

ヒント:

出场人物[悠子?丈夫(夫)?继母(久米子)?健一?刑警],其中丈夫,继母的表现都是通过悠子的视点来描写的,所以悠子是主人公。

解き方:

1. 主题是车祸。根据情节,「夫の死体」「ご主人が人をはねた」的地方,可以判断丈夫是撞人之后死亡的。因此排除1,3.「人をはねた、そのことが、逆に自分の『武器』になる」悠子和婆婆说的「自首したいんです」,实际撞人的是悠子。排除2.答案4.

2. 在考虑结局前,找找还有谁活着。「夫と義母から解放された」「久米子まで息子(悠子の夫)と運命を共にする」几处可以得知,婆婆久米子也死了。所以2和4是错误的。接着,悠子的儿子健一向警方揭发母亲才是撞人的罪魁祸首。从这里判断,悠子会被捕。答案3.
2万+
1 点赞

相关阅读

精选日语